カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

« « 2020 4月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
  • カテゴリ その他 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

旧海っ子ブログ - その他カテゴリのエントリ

潜水調査9/18

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
blue-fish 2009/9/18 15:10
天気予報が外れてどんより曇り空。

本日タカさんと調査にライオン岩を潜ってきました。

入る前から覚悟はしてたけど、海の中の視界は50cm!
まさに味噌汁状態のドロドロ。

何が楽しくてこんな海に潜るのか?(笑)
んでも海の中に居ると平和です。

今日は特に主だった事はなかったけど・・ってか何も見えない!
入って早々にタイワンガザミの死骸が目に飛び込んできました。
どろどろの茶色い視界の中に鮮やかな青のハサミは目立ちます。
居るんだねぇ~

アマモの様子はヘドロをかぶってはいるものの元気な様子です。

あとは特に何も変わった事の遭遇はなかったけど
所狭しとフレリトゲアメフラシの行列行進・・どこに向かってるのか?
タカさんいわく「風のナウシカの虫の大行進みたいやった」
とは、いい表現だ

さすがに視界が50cm、30分早々に切り上げて終わった。
そろそろ水温も冷たく感じてきたのが、秋だなぁ~。

貝殻標本

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
blue-fish 2009/9/14 16:32
今日は尾○小学校の番です。

ただこの学校インフルエンザで学級閉鎖やら校外学習自粛やらで
残念なことに海岸へ出向くことはできなかった。
でも一学期のスノーケリング体験の空き時間に貝殻採取を行っていた
おかげで今日にいたっては万事休すと相成りました。
いやはやセーフですね。

なのでこの子達は夏に貝殻を採取した内容だったので
先日の御○小学校とは貝殻の内容が若干違っていました。

しかも昨日俺が見つけたタカラガイを拾っていた子や
イタヤガイ、トマヤガイ、レイシガイといったコレクションにない
希少な貝殻を拾っていたのには
主催側もがんばって揃えねばと痛感ですね。

なにはともあれみんなの貝殻標本は完成しました。

貝殻採取

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
blue-fish 2009/9/13 17:03
今日は暇でいい天気だったので久しぶりに貝殻採取に出かけました。
なんか新ネタでも拾えないかなぁと
無くした貝殻の補充
コレクションに加わってない貝殻の採取
などなど・・

個人的な貝殻採取は実はいつも秘密の海岸で行います。
秘密ってほどではないけど、この海岸は比較的岩礁も少なく
石も細かいのと人の出入りがほとんどない海岸なんで
比較的無傷な貝殻を拾えるのと、希少な貝や綺麗な貝殻はほとんど
ここで拾っています。

なぜにこの海岸で貝殻授業をしないかは色々な抱き合わせや
移動が大変な事で使ったことがないんです。
一度だけ一般向けのイベントで使ったことはあるんですが・・
貝殻だけの授業ならこの海岸に学校を招きたいんですけどね。

で、今回の成果は・・
お目当ての「イタヤガイ」は見つけることができなかったけど
もっとお宝なその名も「タカラガイ」を見つけました!
沖縄では一般的な貝殻ですが、この海ではまさにお宝な貝殻ですね。
あと、どう見ても「カタツムリ」だろって貝殻も海岸で拾ったけど(笑)

しかし2時間近く誰も居ない海岸でしゃがみこんで石ころ見つめながら
チミチミ這い回っているおっさん・・
遠くから見ると異様な光景かもしれんですな(笑)

で、今回の収穫です。

磯調査と貝殻標本作り

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
blue-fish 2009/9/8 17:43
台風もそれて絶好の海日和に恵まれて
地元小学校の海の環境体験学習の2学期のスタートです。

2学期からは一学期のようにただ単に「海で遊ぶ・触れ合う」から
いよいよ「学習する」とレベルもあがり難しい課題やテーマになります。
その第一弾「磯調査と貝殻標本作り」をしてきました。


子供達は元気に海岸に集合して、まずは磯調査です。
1学期に行った磯観察とは違って
調査課題の生き物をマーキングしながらの生息調査です。
通常3年生には少々レベルが高い課題ですが
この子達はすでにたくさんのことを学んできたので、
関心度も高くこの課題も興味とその知識でがっちりとこなしてくれました。





















調査結果は後日授業でまとめていきます。
答えは先生に伝えてありますので、そこは専門の先生方に一任ですね。


さて
昼からは貝殻を拾って、体育館で標本作りに挑戦。
貝の名前調べは、海っ子倶楽部所有の地元の貝殻サンプル40種類を使って
自分の拾った貝殻を見合わせながら名前を調べ
おのおの自由に色紙に貝殻を並べて標本を完成させていきます。




















毎年この標本は個性豊かなものが出来上がるので楽しみですね。

しかし指導する側は大変な脳労働です。
割れてかけた貝殻の小さな破片を見ながら名前をアドバイスしていくので
指導者泣かせの一面がありますが・・
もう何度もこなしてきたスタッフのタカさんも的確に名前をあげれるようになったので
頼もしい右腕になりました。




















今回の課題は一年間通した環境学習の中で唯一形になるものを作る事ができるので
なにかしらの発表の場を設けれたらなぁ~と思いますが
資金のない海っ子倶楽部の泣かせ所です。

ホエールウオッチング:高知

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
blue-fish 2009/8/20 11:31
昨日は高知湾までクジラを見に行ってきました。

天気はまずまず・・と言うのもクジラのポイントには雲がかかってしまった
波は2m弱なんで太平洋にしたらベタですね。

午前の便が難航していたらしく
一発目がかなり沖まで突っ走りゴンドウクジラのポイントまで
ここまで45分は走ったかな

さらにニタリクジラまで沖へ向かい、帰りは1時間半ぐらいかかったので
桂浜から足摺の沖まで行ってたのかもしれない






ホエールウオッチングに乗るにあたってアドバイスおば・・
水族館のイルカを見る感覚で船には乗らないように
船酔いをする方、不安な方はかなりの覚悟が必要ですよ
特に冬の沖縄でのザトウクジラは船酔いする方は辞めた方がいいです。
なのでここ夏の高知のニタリクジラは勧めです。
といってもクジラを見つけたら船は止まります
なんぼ静かな夏の海とはいえその揺れは船酔いの方には地獄かもです。

高知湾では3艇の船に乗ってきましたが
今回桂浜の船にお世話になりました。
この船長さんのクジラへのアタックは絶妙です
船も一番大きいしお勧めできる船ですが・・予約がなかなか取りにくいので
早めにおさえて下さいね。

で、今回の撮影は・・・・今回は娘を連れて行ったので撮影より娘を優先したので
まったく写真は撮ってませんです。
というか撮れるクジラのご機嫌ではなかったので見るに徹しました(^^)

今日の大塚海岸

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
taka 2009/8/12 19:00
今日は急遽、親戚たちと大塚海岸でバーベキュー!!となりました。

でも、しっかり潜って調査!?してみようと道具は一式準備していきました。
水中写真は、ご想像の通り連日の雨・台風で視界5cmぐらいでしたので
ありません。

...続きを読む

今日の赤穂の海

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
blue-fish 2009/8/7 18:18
久しぶりに赤穂の海に潜ってみました。
外と同じく海の中も猛暑ですね。
視界は1mありません。
この夏本番にもう少し赤穂の海も視界があれば子供達も楽しめるのにね

そんな中でも生き物達はたくさん暮らしています。
夏はついついクラゲに刺されないようにと思っていますが
意外や岩場には写真の『シロガラ』が猛威を振るっています。

毒を持つ動物です。一見海藻に見えますが動物なんですね。
別名「鳥の羽」って言う方もいますが・・

触る触れると痒い痒い毒を放ちます。

光るクラゲ

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
blue-fish 2009/7/13 15:48
やっと子供達との約束を守ることができた。
今日、急な休みで一か八かタカさん誘って海に入ってみたら居たよぉ
ウジャウジャとまでは言えないけど、難なく見つけることが出来ました。
しかも例年になくでかい!
通常の3倍はあろうウリクラゲをゲットできました。
タカさんはカブトをゲットして



















早々に学校に連絡して、予定もないまま授業をゲリラしてしまいました。
良かったのかなぁ~なんてね
でも子供達は大喜びで、海の神秘を垣間見る事ができました。
まぁ授業が飛んでいきなりウリクラゲ観察会だもんねぇ、そりゃ喜ぶわさ



















教訓その1:でかいウリよりほどよいカブトを2.3匹入れて見せた方が綺麗ね

光るクラゲは見つからず・・・

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
taka 2009/7/8 10:15
今日は、朝から雨降り。昨日の疲れがどっと出そうな天気ですが・・・

赤穂市内の2つの小学校、環境体験学習のスノーケリング体験を行い、7月6日、7日と合わせて総勢153名もの小学生達が地元の海で生き物たちとふれあいました。

子ども達の入る前の緊張した顔と、海の中をのぞいた後の満面の笑みが印象的でした。



で、サプライズの「光るクラゲ」ですが、今年はいっこうに見つからず・・・

...続きを読む

スノーケリング体験 その2

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
blue-fish 2009/7/7 21:28
もう一校のスノーケリング体験を本日無事終わりました。
これで環境体験学習のメインイベントが終わってヤレヤレです。

今日は昨日と打って変わって天気が回復して暑いぐらいな陽気になりました。
ただ海のほうは波が落ちず濁りは昨日より悪くなってました。
今日もコース取りに苦労し今回は西側の海域だけでこなしました。



















そして今日は総勢86名。昨日より20人多い!
ダイバーは昨日からの3名に新たに3名入れ替わっての6名体制。
制限時間が12時までというスケージュールで少しきつかった。

でも子供達は自分の番を暑い中待ち望んでトライしてくれます
疲れたなんて言ってられない。

そしてもっと驚いたのが保護者参観です。
びっくらするぐらい多かった。スタッフみんなで「うっそぉ~」ってね(笑)

そして海の中は濁りが濃いかったけど逆に西にルートを取った事でナベカワールド
8割の子供達に地元で一番綺麗で可愛いナベカを見せてあげることができました。




















さてさて、問題は光るクラゲ。
全ての子供達の終了後、曇り空になり寒さが身にしみてきたけど
昨日のリベンジで探索に出向くも・・・やはり居なった

今日は大きなマダコで急場をしのぐ(^^ゞ
やれやれごまかせたかな?
しかし海は「宝箱」。なんでも出てくるところが面白いね。




















それにしても、連ちゃんのスッタフはじめ、岡山、姫路から参戦のスッタフ
昨日もそうだけど、みんなしんどかったけど楽しかったですと
今日津山から初参加の女性は来年も参加します!と言って帰ってくれた。

いつまで続くのか分からないけど、こんな大変なボランティア。
小学3年生とうハンディーからこんな過酷なサポート体制にするしかなく
でもこの不屈いの精神のおかげで若干3年生の子供達全員をスノーケリング
させることが出来ています。
ほんとうにスタッフに感謝します。

そしてエンドレスに続く3年生。今の2年生は、この3年生を見て希望を抱いて
進級してきます。

おっちゃん、おばちゃん達たいへんだぁ~~
来年は地元の新たなダイバー2名が協力表明してもらっています。